会社概要

自分楽とは、「自分の生き方・働き方を楽しむ」ことです。
私達は誰でも自分のことを、社会で活かしたい、人の役に立ちたいと願っています。
それを実現する方法論が、弊社代表崎山が大学院の研究を通じて考案した「自分楽の三つのステップ」です。
ステップを上ってゆくためには、TPOに応じたコミュニケーション能力が必要です。
弊社では、このメソッドに基づいたコンサルテーション・研修を行っています。

「自分楽」「自分学」は株式会社自分楽の登録商標です。
商標登録番号「自分楽」第4277547  「自分学」第4298993

ご挨拶

企業理念 1人1人の能力が活かされる社会づくりに教育事業を持って貢献します。
行動指針 相手のために、自発的な学習活動をし続けます。
     職業に対する偏見、差別をしません。

ひとりひとりの能力を活かす為に必要な事。それは「個別性」と「周囲のサポート」
 千葉県にあるIT企業のメンタルヘルス研修をさせて頂いたときのことです。
20代の聴力障害の方が、最前列で手話通訳を受けながら、私の研修を受けて下さいました。 修了後、私と人事担当の女性社員の方で、その方向けに個別の資料を作成しました。翌日、女性社員の方から「今まで研修を受けて頂くことができなかったのですが、今回初めて…。本人も本当に喜んでいます。何よりも、この会社の質が上がった気がして嬉しいです」というメールをいただきました。
 東京都内の市民公開講座では、当日申込ということで、全盲の方が飛び入り参加されました。この日は、グループワークやゲームトレーニングの予定で、相手の手振り・身振りが見えないと…。担当職員の方は、慌ててていました。偶然、聴覚障害施設で働いている方が参加されていたので、隣席になっていただき、私と二人でサポートをしました。帰り際に、全盲の方が「今まで受けた講座の中で、こんなに楽しかったことはありません。本当に来てよかった。有り難うございます」と言い、力強く握手をしてくださいました。その時の手の感触は、10年以上たった今でも、はっきりと残っています。
 会社を設立する直前の小さな経験ですが、組織において「人を育てる」「人を活かす」上で、とても大切な教訓を得ました。
それは「個別性」と「周囲のサポート」です。
 私達は組織をまとめようとするときに、どうしても「みんな一緒」にしてしまいがちです。其の理由は、管理しやすいからです。しかし、真のダイバーシティマネジメントは「個別性」を認めた上に立脚します。男性・女性という性差や、日本人・アメリカ人という人種の括りではありません。また、気を付けなくてはいけないことは、「個別性」と「個性」は違うということです。この「個別性」を活かすことは、一人ではできません。「周囲のサポート」が必要です。
 この経験を活かし、周囲のサポート体制を創るコンサルティングや教育事業を弊社の強みとして参りました。具体的には、部下の個別性を活かす為の「教え方」です。コーチングでも、話し方でもありません。「教え方」です。2013年からは、大学院時代から研究を重ねてきた老年学(ジェロントロジー)を取り入れて、シニア世代に対する教え方にも着手しました。

教え方は、世代や立場によって異なります。40・50代管理職、60代経営者、地域の老人クラブ、大学生のキャリア教育、小学生の総合学習、20代若手経営者会など、弊社の多様な経験を、皆様のお役に立てていただきたいと考えております。

私達、株式会社自分楽と、生涯を通じてお付き合い頂きたくお願い申し上げます。


会社概要

商号
株式会社自分楽®
所在地
〒112-0005 
文京区水道2-11-5明日香ビル1階   →地図を見る
FAX:03-5977-8574
Mail: info@jibungaku.com
設立
2003年4月1日
主な事業内容
  1. 「コミュニケーション教育」に特化した以下のコンサルテーションと研修、講演
    • 「教え方」
    • 「対人関係ストレス」
    • 教材開発、作成、販売(E-ラーニング、テキストなど)
  2. gerontology(老年学)に基づく「シニア人材活用」のためのコンサルテーションと研修、講演
  3. 出版支援(電子書籍含む) http://www.jibungakubook.com
代表者
代表取締役 崎山みゆき

実績 (敬称略)

研修・講演
防衛庁、会計検査院、総務省、人事院、東京労働局、日本放送協会、千葉地方裁判所、千葉家庭裁判所、横須賀税務署、岩手県、 東京都、埼玉県、長崎県、横須賀市、八王子市、財団法人神奈川県長寿社会開発センター、龍野商工会議所、静岡大学大学院、桜美林大学、東京工科専門学校、大妻女子大学、NTTラーニングシステムズ株式会社、鉄道情報システム株式会社、日立化成工業株式会社、株式会社ベルーナ、株式会社日立電子サービス、千葉トヨペット株式会社、損保ジャパン、アリコジャパン、株式会社インターナップジャパン、株式会社マルヤ、その他 多数
資格者養成
「生きがい情報士」 財団法人 健康・生きがい開発財団
「余暇生活開発士」 社団法人 日本レクリエーション協会
「ホームヘルパー養成」文京区福祉公社
「レクリエーションインストラクター養成」埼玉県レクリエーション協会
産学共同研究開発
「女性の感性を活かす 職業能力開発」 静岡大学大学院事業開発マネージメント専攻
助成事業      「40歳からのライフデザイン」(長寿社会開発センター、独立行政法人福祉医療機構)
          「シニアの能力を活用するための生涯学習コンテンツの開発」(生涯学習開発財団) 取材記事PDF 
 

パートナー

● さんぎょうい株式会社

弊社メンタルヘルス対策のパートナー企業。産業医の紹介・安全衛生委員会の対策の先がけです。

● NPO法人 日本成人病予防協会

弊社の講師たちは、「健康管理士」の有資格者です。

● 近藤社会保険労務事務所

教育に関する助成金のアドバイスを弊社とともに展開しています。

● みろく法務事務所

リーガルマインドを重視した相続・登記のサポートをしています。

● NPO法人 楽学の会

弊社代表取締役 崎山みゆきが顧問を務めています。平成24年度にはその活動内容が評価され、内閣府より表彰されました。

自分楽の本

  • 新入社員のためのマナー&コミュニケーション

    労働調査会 800円


  • 『10年後の名刺』 「なりたい自分」に近づくためのヒント

    リヨン社(二見書房) 1,260円


  • 『私たちのワークスタイル』 データとケースで考えるこれからの働き方

    KTC中央出版 1,680円


  • 『あなたもできる! 大学院で学歴リセット』

    ディスカバー社 1,470円


  • 『エンジニアのコミュニケーションの技術』 論理と心理の融合で「伝え合う力」がアップする

    あさ出版 1,470円


  • 子どものための『ケータイ』ルールブック

    総合法令出版 1,365円


  • 会社では教えてくれないビジネスコミュニケーションの裏ワザ

    電子書籍アプリ


  • 折れないココロの作り方

    イーブックスパブリッシング



代表略歴

崎山みゆき(Miyuki Sakiyama)
株式会社自分楽® 代表取締役

サンフランシスコ州立大学 学術博士(Ph.D)
桜美林大学大学院国際学研究科修士(MA)
静岡大学大学院客員教授
一般社団法人日本産業ジェロントロジー協会代表理事
(http://www.jiga.jp)
横須賀市文化振興審議会委員
NPO法人「楽学の会」顧問
産業カウンセラー

1965年  神奈川県横須賀市生まれ。小さい頃から米軍基地の近くで育ち、国際感覚を身につける。相模女子大学短期大学部を卒業後、大手企業にて社内唯一の「余暇開発士」としてイベント・研修事業に従事する。その後フリーランスの講師をしつつ、トップ成績で桜美林大学大学院 国際学研究科修士取得 (専門分野 コミュニケーション)。同時期、産業カウンセラー協会専門講座にて4年間グループワークトレーニングの研究・指導に従事する。厚生労働省所轄事業団の助成事業を通じて、活動を全国展開。

2003年 株式会社自分楽設立、代表取締役に就任。
「教え方」「ストレスケア」を全国で展開し指導団体は1,500を超える。2010年より静岡大学大学院事業マネジメント専攻客員教授に就任し、社会人を対象に「ビジネスコミュニケーション」の指導。受講生からは「ロジカルに考え、カウンセリングマインドのあるコミュニケーションができるようになる」と絶大な支持を得ている。2011年より、自らの商業出版六冊・韓国出版による企業ブランディングのノウハウを生かし、経営者・士業向け出版支援事業開始。「こどものためのケータイルールブック」は平積みになる。2012年学術博士取得。学会発表、大学生のインターンシップ、横須賀市マナー向上政策監修など多方面で活動を展開中。

特技は感性を生かした文書作成を論理的に組み立てること。趣味は華道(正風流師範) 経営者に指導。

資格 産業カウンセラー、健康管理士、余暇開発士、レクリエーション・インストラクター
所属 日本経営情報学会、日本応用老年学会、東京商工会議所、横浜華道協会、日本産業カウンセラー協会、NPO法人日本成人病予防協会