CSR -企業の社会的責任-

株式会社自分楽は、企業市民としての責任(Corporate Social Responsibility)の重要性を理解し、積極的に社会貢献を行っています。

一人ひとりの能力が生かされる社会づくりのために、さまざまな場面で個人の能力開発に寄与しています。

女性が、心身ともに健康で働くことができるために


丸ビルで働く女性のためのストレスケア講座

女性の能力を、もっともっと社会で活用するためには、ストレス対策が欠かせません。
「男女の差はない」という雇用均等法とは別の次元で、女性特有の弱さをカバーすることを学ぶことは、大切なことです。株式会社自分楽では、産業カウンセラー・健康管理士でもある代表の崎山を中心に、資格を持った専門家が、心身のストレス対策についてをサポートしています。

学生たちが、自分の夢をかなえる就職を実現するために


インターンシップ・キャリア教育

「社会に出て、仕事をしてみたくなりました」学生の方たちから、
毎年このような感想を頂いています。お客様と距離の近い、小さな会社のインターンシップは、常に「あなたの仕事は誰のためにしているのか」を念頭において進められます 。
御社にお願いしたいという、教授直々の御依頼が毎年絶えません。
現場のスキルではなく、仕事に対する考え方・心の持ち方に重きを置いています。

インターンシップ体験談はこちら

社会人の 能力開発のために


静岡大学大学院公開講座

株式会社自分楽の最大の特長は大学院や学会との連携と言っても過言ではありません。弊社代表崎山が静岡大学大学院客員教授として、社会人の方々に「ビジネスコ・コミュニケーション」を教えていることも、大きな社会貢献の一つです。1人1人が楽しみながら、
一生涯学習し続け、その成果を活かすことができる社会…。弊社の願いです。

シニアの方たちが、健康で社会参加をしつづけるために


神奈川県長寿社会開発センター 公開講座

株式会社自分楽は、高齢社会のキーワードは「社会参加」であると考えています。
シニアの方々が、心身、そして経済の健康を維持するために必要な
コミュニケーションの場づくり・リーダ養成は、弊社の得意分野です。
NPO、老人クラブ、自治体などにおける講演会、ワークショップは18年の実績を誇っています。「シニアのメンタルヘルス」は、先駆者として各自治体からも評価されています。

地域コミュニケーションの活性化のために


横須賀市地域マナー向上政策 監修

民間企業が持つコミュニケーション教育のノウハウを、地域で活用して頂きたいという思いから、株式会社自分楽は、各自治体の政策アドバイスや実務に積極的に取り組んでいます。
一例として、弊社代表の崎山は、故郷でもある横須賀市において、文化振興委員、生涯学習評議委員という立場から、市民の方が誇りを抱き、住み良い地域づくりの支援をさせていただいています。